MENU

にきびと漢方薬

 

にきびを治療する方法の一つに漢方薬を使って治療をするという方法があります。にきびを治療に漢方薬を使うことのメリットを紹介します。にきびが悪化している時には抗生物質を使って治療をするということが多いのですが、にきび治療のために抗生物質を使うと多くの場合が、副作用や悪化させてしまうということが報告されています。たとえば抗生物質を長期間使った場合には、にきびが再発しやすい状況になるとも言われているのです。ですから抗生物質をつかってにきび治療をするよりは漢方を使った方が副作用の心配がないということです。
にきび治療に漢方を使うと、ニキビを体質から改善させるというメリットもあります。にきびはできる場所によって体の何らかの異変が原因とされていますから異常な部分を漢方で根本から治療するという方法があります。漢方薬は薬ですが、飲み続けることで体に害を与えるような薬ではありませんから、安心して服用することが出来るのです。あまりにきびが出来たからと言って頻繁に抗生物質などを飲み続けているというのは体にとっていい影響があるとはいえませんから、その点を考えてみても、漢方で根本的な面から改善していくということはとても効果があるということにつながるのです。

にきびと病院

 

にきびが出来て病院へ行く人というのはどれくらいいるのでしょうか。にきびが出来たら、放っておくという人が多く、または市販されている薬を購入してケアするという人も多いといわれています。にきびが出来てしまった場合には、病院へ行くという人は少ないかもしれませんね。にきびが出来てしまって病院へ行く場合には、皮膚科を受診するということになりますが、皮膚科へ行けばにきび治療をしてもらうことができます。にきびが出来た人の中には間違ったにきびの治療方法を自分で荒療治として行っている人もいるのですが、たとえばどんな方法かというと、荒療治として、自分でにきびを潰してそして中の膿を出してしまうという方法です。
潰して膿を出すことでにきびが早く治療できますが、それはやってはいけないことです。自分で潰すということは肌を傷つけることになりますから、肌が傷ついてその部分が跡になったり、悪化する可能性があります。
にきびが出来やすい体質の人というのは早めに病院へかかる習慣をつけておくと悪化するのを防ぐことができますからいいと思います。なかなか病院へ行くのがおっくうだという人もいるかもしれませんが、早めの受診がにきび悪化を防ぐのです。

 

にきびと皮膚科

 

にきびが出来て皮膚科に行くという人はもしかすると少ないかもしれませんが、にきびが悪化してしまうとなかなか治りにくくなりますし、跡が残ってしまう可能性もありますから、できれば皮膚科で治療をしてもらうというのが一番ではないでしょうか。大人にきびなども皮膚科で見てもらった方がすぐに治るといわれています。
皮膚科に行くとしても、治療方針の基本はにきびを薬で治すのではなくて、やはりにきびが出来ている本人の食生活や生活習慣を見直していくことが大切だということは覚えておく方がいいでしょう。皮膚科でも生活習慣や食生活に関するアドバイスをしてくれると思いますから、にきびを早く治したいのであれば、規則正しい生活と、バランスのいい食事を心がけることが一番のにきび治療です。
皮膚科でにきび治療を受けた場合には、外用薬だけでなく飲み薬などをもらうことになります。飲み薬を飲むことで体の内側からにきびの炎症を治す力を助けてくれます。また外用薬は、毛穴につまってしまった汚れをすっきりと排出させる働きのあるものや、炎症を抑えるものなど色々です。皮膚科で薬をもらってきたとしても、先ほど言ったように生活習慣と食生活には十分に注意しておくことが大切です。